blog 吾輩は馬である

アクセスカウンタ

zoom RSS Botchan in Nerima 練馬のボッチャン

<<   作成日時 : 2012/03/19 10:13   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



吾輩は練馬から大根を背につけ親爺の源兵衛さんに連れられていつものところへ行きながら、こう考えた。



漱石が松山へ教師として赴任して名作『坊つちゃん』ができた。


漱石が京都へ行き、お多佳さん事件が起きた。



漱石が詠んだ句が句碑となっている。



木屋町に宿をとりて川向の
  御多佳さんに

 春の川を隔てゝ
  男 女 哉
     漱 石

               大正四年三月二十五日句




ん? 坊っちゃんが京都へ行き、お多佳さん事件が起きたことを小説にすると題名は、


『京都の坊つちゃん』かな?

それとも

『坊つちゃんの京都』かな?

それとも

『坊つちゃん京都へ行く』かな?

・・・


ない知恵を絞っても、なかなか良い題が浮ばない。



松山の坊っちゃんは道後温泉が好きで、赤いタオルを持って『温泉にボッチャン』と入っていた。

京都の坊っちゃんの心は川向に届かず『鴨川にボッチャン』と落ちた。

・・・



など考えていると、

吾輩は足を踏み外して『神田川にボッチャン』と落ちてしまった。



たてがみが芯まで冷えて ガタガタ震えながら 鼻歌を歌った


  貴馬(あなた)は もう忘れたかしら

  白と赤の 山茶花食って〜



2012年3月19日
『練馬の坊つちゃん』




Copyright(C) まさじ MASAJI 2006-2016

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Botchan in Nerima 練馬のボッチャン blog 吾輩は馬である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる