blog 吾輩は馬である

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏目漱石生誕150回記念日

<<   作成日時 : 2016/02/09 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



夏目漱石は1867年2月9日(慶応3年1月5日)に、 夏目小兵衛直克と千枝夫妻の五男三女の末子として江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)で生まれた。
2017年2月9日に生誕150周年を迎えるが、今日は150回目の生誕記念日となる。


漱石の散歩道 夏目漱石の一生を辿る
http://wagahaiwauma.at.webry.info/201602/article_2.html


2016年2月9日
新宿区喜久井町




 私は両親の晩年になつて出来た所謂末ツ子である。私を生んだ時、母はこんな年歯をして懐妊するのは面目ないと云つたとかいふ話が、今でも折々は繰り返されてゐる。

(「硝子戸の中」

※漱石は慶応3年1月5日(新暦では2月9日)に、父夏目小兵衛直克と母千枝の五男として生れた。母千枝はこの時、41歳であった。「金之助」と命名されたのは、誕生日が「庚申の日に当り、庚申の日に生れた子供は大泥棒になる、然しそれをよける為には名前に「金」の字をつけるといいという迷信があった」(小宮豊隆『夏目漱石』)ためだった。
 しかし漱石は、生後数ヶ月の時、里子に出されることになる。

「漱石 今日の言葉」 より





Copyright(C) まさじ MASAJI 2006-2016

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏目漱石生誕150回記念日 blog 吾輩は馬である/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる