Gubijinso 京都漱石の會会報「虞美人草」が届いた

画像



都合で京都漱石の會第18回定例会を欠席したが、会報「虞美人草」第18号が届いた。

今号も重厚な記事が満載だ。定例会での日比嘉高先生の講演関連記事も掲載されている。

久保田淳先生の文章『裏千家十一代千玄々斎作茶杓の歌銘「神路山」について』の挿画として、
吾輩のおやじが伊勢神宮式年遷宮参拝の際撮影した五十鈴川などの写真を掲載して下さった。


深く入りて神路の奥を尋ぬればまた上もなき峰の松風 西行


「神路の奥」は「神路山の奥」を意味する。「神路山」は伊勢国の歌枕。


来年は是非、定例会に出席したいと思うが、馬く都合が取れるかな・・・


2016年11月20日


虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第18号》
http://kyotososeki.at.webry.info/201611/article_1.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック