京都市生涯学習総合センター(京都アスニー)ゴールデン・エイジ・アカデミーで「虞美人草」講座が

京都には京都アスニーという生涯学習の拠点がある。そうだ京都、ゴールデン・エイジ・アカデミー行こう 転載 夏目漱石サロン 京都漱石の會 京都アスニー「古典に親しむ」講座『漱石はなぜ「虞美人草」をかいたのか~夏目漱石没後100年~』ご案内 http://kyotososeki.at.webry.info/201510…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石記念施設整備基金寄付キャンペーン~期間限定寄付特典について~

夏目漱石記念施設整備基金~期間限定の寄付キャンペーン~を実施中 1 寄付キャンペーン期間   平成27年10月15日(木)~平成27年11月4日(水) 2 対象企画(イベント)   夏目漱石記念施設整備プロジェクトVol.5~それぞれの漱石~   [ 関連記事 ] 3 寄付特典   上記イベント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿区主催『それぞれの漱石』開催のお知らせ

2017年夏目漱石生誕150周年に向けて 新宿区夏目漱石記念施設整備プロジェクト Vol.5 『それぞれの漱石』が来る平成27年12月13日(日)に早稲田大学大熊記念講堂大講堂で開催されます。 応募締め切りは平成27年11月4日(水)必着
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

丹治伊津子さんの『夏目漱石「京に着ける夕」論』 

丹治伊津子さんの『夏目漱石「京に着ける夕」論』が日本ペンクラブ電子文藝館に掲載されました。 評論・研究 丹治 伊津子 夏目漱石「京に着ける夕」論 2015/07/22 http://bungeikan.jp/domestic/detail/945/ 関連 日本ペンクラブ電子文藝館 The Jap…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿区が(仮称)「漱石山房」記念館を整備中

新宿区では、夏目漱石終焉の地に、(仮称)「漱石山房」記念館の整備を進めている。 (仮称)漱石山房記念館について http://www.city.shinjuku.lg.jp/kanko/bunka01_001437.html 新宿区は、夏目漱石生誕150周年にあたる平成29年に向けて、早稲田南町7番地の夏目漱石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The memories of Kyoto Walk 『京に着ける夕』落語的発想論と『京に着ける朝』

京都漱石の會会報『虞美人草』第13号が届いた。 会報で、会長丹治伊津子さんが、夏目漱石『京に着ける夕』論を発表されている。 丹治さんは、結びで、『京に着ける夕』は、 漱石は落語的発想を以てこの小品を書きあげたということができるであろう。・・・ と纏められた、落語的発想で捉えられた論文だ。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芭蕉句 「この道や」と「この道を」

吾輩のところに「夏目漱石についての本出版しました。」とメッセージが届いた。 メールに書いてあったブログ記事「新しい本について」を見ると、 《タイトル》 新しい本について 《内容》 先日母が出版した本について、紹介します。 内容は、母が長年愛読していた夏目漱石について。 タイトルは「漱石を読むーこの道を行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Manpukuji Temple 萬福寺で満腹 京都漱石の會定例会に参加

花祭りの4月8日に京都漱石の會第9回定例会に参加のため萬福寺を訪れた 萬福寺の一義門を入る 漱石さんがお気に入りの『第一義』の扁額が懸っている 境内には吾輩の好物の山茶花は咲いていなかったが桜花爛漫だ 講演を聞く 第9回定例会 桜花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Botchan in Nerima 練馬のボッチャン

吾輩は練馬から大根を背につけ親爺の源兵衛さんに連れられていつものところへ行きながら、こう考えた。 漱石が松山へ教師として赴任して名作『坊つちゃん』ができた。 漱石が京都へ行き、お多佳さん事件が起きた。 漱石が詠んだ句が句碑となっている。 木屋町に宿をとりて川向の   御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more