テーマ:吾輩は猫

漱石忌 吾輩は墓守の猫である

今日は夏目漱石没後百周年。 ちょうど10年前の漱石忌の日、夏目漱石の墓参をしたときに墓守をしていた猫 漱石は大正5(1916)年12月9日午後6時45分に永眠した。 漱石忌@雅爺の小部屋 http://masaji.at.webry.info/200612/article_11.html 2016…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I am a cat. 吾輩は化粧好きな猫である

吾輩は猫である。 名前は昔はあったが今は無い。 どこで生まれたかは見当がつくが 捨てられて今は野良で住んでいる。 けれども 身だしなみだけは 今でもきちんとする。 化粧前 化粧中 1 2 3 4 5 6 7 8 9 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I'm a dog. 吾輩は犬である 名前はまだない

東松山散策で、いつも立ち寄る金子さん宅の飼い犬の秋田犬は12歳になるが名前はまだない。 用事で玄関まで侵入?した私を発見し吠えていたが、金子さんと雑談を始めると優しい顔に変わった。 2010年5月30日 埼玉県東松山市下青鳥
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漱石忌 墓守猫に出会う

十二月九日は文豪夏目漱石の忌日である。 慶応三年一月五日(1867年2月9日)江戸に生れ、 東大英文科卒業後松山中学に赴任し、 病気のため帰省中の子規が同居した時から句作を始め、 忽ち日本派有数の作者となった。 その後ロンドンに留学し、その間子規は没し、句作に熱を失う一方、 帰朝後小説家として盛名を得、文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more