テーマ:坊っちゃん

Botchan in Nerima 練馬のボッチャン

吾輩は練馬から大根を背につけ親爺の源兵衛さんに連れられていつものところへ行きながら、こう考えた。 漱石が松山へ教師として赴任して名作『坊つちゃん』ができた。 漱石が京都へ行き、お多佳さん事件が起きた。 漱石が詠んだ句が句碑となっている。 木屋町に宿をとりて川向の   御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Prof. Hirano 平岡敏夫先生と『坊つちゃんの世界』

京都漱石の會定例研究会で高瀬川源流庭苑を散策中、講演してくださる平岡敏夫先生にお会いした。 私が挨拶したところ先生は既に私をご存じで、「丹治さんから伺っています。」と言われ恐縮。 定例研究会後の喫茶会で、著書『坊つちゃんの世界』にサインを書いていただいた。 出身が塩飽諸島と講演で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坊っちゃん列車復元運行十周年

坊っちゃん列車は、2001年より、伊予鉄道により松山市内の軌道で復元運行(ただし動力はディーゼル機関)されているが、今年がちょうど十周年。 写真は2009年に江戸参府ビッグウォークで松山を訪れたときに出会った坊っちゃん列車(1号機関車の復元機)。 赤信号のため坊ちゃん列車は停車している。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大雨で松山城の城山が崩れ 復元「愚陀佛庵」が全壊

 7月12日午前7時半ごろ、愛媛県松山市一番町で、夏目漱石が下宿した建物を復元した「愚陀佛(ぐだぶつ)庵」が、木や土砂とともに押し流されて全壊した。 同市内では同日午前6~9時に102ミリの雨を記録し、大雨洪水警報が発令されていた。この大雨で建物裏手にある松山城の城山の斜面が崩れたという。  愚陀佛庵は、夏目漱石が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松山探訪 坊っちゃんと漱石の史跡を訪ねる

日蘭通商開始と平戸和蘭商館開設400周年を祝って企画した駐日オランダ王国大使館公認イベント「江戸参府ビッグウォーク2009」で松山を訪れた。 松山では、半世紀にわたる歴史を持つ夏目漱石研究会「松山坊っちゃん会」と交流し、坊っちゃんや夏目漱石の史跡を訪ねる「坊っちゃんウォーク」を行った。 同会は、京都漱石の會代表丹治様の紹介を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

夏目漱石の詩 「童謡」 と 源兵衛

夏目漱石は「童謡」を明治38年「ホトトギス」1月号に発表したのだったでしょうか。何故か哀愁を感じます。 松山坊っちゃん会が「坊ちゃんの100年祭」用に作られた曲(正確には伊予銀行合唱団作曲)を一度聞いてみたいものです。 >松山中学の勇気ある生徒たちと漱石作詩の「童謡」 http://www.news.janjan.jp/c…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more